androidスマホ&タブレット専用


スマホはこちらから


「アパートFP」は、減価償却費や借入金利息、税引前利益、不動産収入と給与収入を合算した
通算所得での所得税や住民税を自動計算し税引後の損益までを楽々計算するアプリです。


アパート経営をご検討中の方!

アパート経営を成功させる第一歩は物件選びです
駅から何分? お風呂とトイレは別? 築何年数は? 等々
チェック項目はいろいろありますが、計数チェックも忘れてはならない重要項目です

①収入から経費を差し引いた収支残は?
②ローン返済後の手元資金(キャッシュフロー)は大丈夫?
③減価償却費と支払利息を控除した税引前の利益は?
④給与所得と不動産所得を通算した税引後の利益は?

少なくともこれらの項目が
当初の12年だけでなく5年後、10年後、20年後
どのように推移していくか、いろんな角度からシミュレーションし
目的にかなった納得できる物件を選んで投資するのが
アパート経営成功の第一歩です

「アパートFP」を間違いのない物件選びにお役立てください



仲介業等プロの方!

最近のお客様は物件の外観や価格等だけではなかなか納得してくれません
そのアパートの収益予測など具体的数字の提示がなければ
容易に成約せず時間もかかるのが実情です
お客様の目の前で説得力あるシミュレーションは信頼を得る第一歩
「アパートFP」を貴方のビジネスパートナーとして是非ご活用ください

で操作事例がご覧になれます
お求めは プレイストアから!
インストールすると無料版がすぐにご利用いただけます
金額制限のない有料版をご希望の場合はライセンスをご購入ください

使い方簡単! 使いたいときだけ月100円で!

アンドロイダー公認デベロッパー認証

FPシステム工房

smartfp888@gmail.com

ホームに戻る   トップに戻る 


 入力項目と事例に基づいた画面内容
入力項目 事例
投資家情報 給与年収  880万円
その他収入 0万円
配偶者有無 
扶養家族(除く妻) 1人
給与上昇率(年) 1%
物件情報 物件価格 5000万円
建物価格 2500万円
建物 耐用年数 22年
築年数    年 5年
         月 3ケ月
土地 課税評価額 不明
建物 課税評価額 不明
仲介手数料 169万円
借入 借入額 3000万円
借入期間 20年
年利率 1.65%
収入支出等情報 家賃収入(月) 40万円
駐車場等収入 5万円
管理手数料 0%
免責期間 3ケ月
損害保険料 23万円
保険期間 10年
家賃下落率(5年毎) 5%
空室率 10%
1年目月数 6ケ月
 
        入力時の画面

   
👉
全ての項目を入力すると
入力内容が確認できます

訂正があればその項目を
タッチして訂正します
 




































「計算結果へ」をタッチし
1年目からの計算結果を  
スライドさせて参照します

    
下の画面は計算結果です。ここでは1、2、5、10、20年度を抜粋表示しています
 



取得費概算は事務手数料・印紙代・火災保険料・司法書士報酬・公正証書代・各種登記料・抵当権設定料・不動産取得税・損害保険料・仲介手数料等です



公租公課等には固定資産税が計上されますが、1年度については損害保険料以外の諸経費が加算されます


1年度の損害保険料は6ヶ月分です


税引前利益=収支残-減価償却費-支払利息計上分

1年目は取得費等のあり税引前利益は97.7万円の赤字になります
そのため所得税が20万円還付され、住民税は9.8万円少なくなり、結果として1年目の税引き後利益は68万円の赤字になります
   




2年度から収入、支出、減価償却費、支払利息計上分全て12カ月分が計上されます



この物件は2年目で収支残からローン返済額を引いたキャッシュフローが257.5万円で新たな出費はありません
税引前で233.8万円、税引き後でも162.7万円の黒字になります。



中古物件ですが、管理費がゼロのサブリースでもあり初心者に向いた物件のようです








5年度では固定資産税が減るので利益は2年度より増えています









 









5年毎に家賃が2%ダウンし入退去費用は古くなるほど増えるため収支残は減り結果として利回りは8.0%に下がっています 







税引き後利益は5年度に比べ約17万円少なくなっています
   







耐用年数は新築の場合は22年ですが、5年3ヶ月経過の中古物件につき実際の耐用年数は17年で計算されます。従って20年度での減価償却費はゼロとなり、又ローンの残高も減った分支払利息計上分が少なくなり、利益は10年度に比べ大幅に増えています





キャッシュフローが減って税金が増える好ましくない状態ですが、借入金残高が87.7万円で来年度完済しますから、この問題も解決できそうです

ホームに戻る   トップに戻る